海外旅行用に便利で得するカード

海外旅行に行く時に便利なカード


皆さんは海外旅行に行く時には何を持って行きますか?

パスポート、お金、そしてカードは基本アイテムですよね?

当サイトでは、海外で使える便利なカードをご紹介します。

海外の準備イメージ

海外に強いクレジットカード


クレジットカードはVISAかマスターなどの国際ブランドのマークがついていれば、たいていのカードは海外で使えます。

ですが時々、JCBが使えなかったことがあるという口コミを見かけることがあります。

最近はネットのサイトを作る人たちが人のサイトを見て真似することが多いらしく、口コミがあまりあてにならなくなっているという情報も聞きます。

でも、どっちかの情報を信じてカードを持って行き、使えなかったとしても、誰も責任をとってくれません。

だから防衛策として、カードは必ず2枚以上持って出る人が多いです。

2枚のプラカード

では、海外で使うクレジットカードとして、いったいどのカードが良さそうか?を見てみましょう。

クレジットカードの画像

 ●海外旅行保険がついている安心なカード


海外旅行保険がついているカードは、たいていの場合が年会費の高いものです。

が、年会費が無料でも海外旅行保険がついているクレジットカードも若干あります。

そして注意しなきゃいけないのがこれ!自動付帯なのか利用付帯なのか?ということです。


利用付帯…海外旅行の支払い(空港までの切符代など一部でも可)にそのカードを使っていればOK

自動付帯…支払いに使わなくても、また旅行に持って行かなくてもOK


ランキングアイコン⇒海外旅行に強いクレカ ベスト3はこちら



 ●空港のラウンジを使えるカード


年会費が高いクレジットカードには、空港のラウンジが利用できるサービスがついています。 ゴールドカードと名がつくものは世界中のラウンジを利用できることが多いです。

空港ラウンジの画像

しかし、年会費が無料、もしくは安いカードでも空港のラウンジを利用できるものがあります。 そういうカードをあえて選んで作ると、海外出発までの時間をゆったりとした空間で過ごせたり、飲み物飲み放題のサービスを利用できます。く年会費は無料で利用したいものです。


プラスアイコン⇒空港ラウンジを利用できるカードはこちら



海外専用プリペイドカード


今では海外専用で使えるプリペイドカードが人気となっています。

日本の中で使えるものも出て来て、事前に両替できるので、両替レートがいい時に外貨をカードにチャージしておくことができます。

クレジットカードと同じように使えるので、今まではクレジットカードの2枚持ちだったのが、クレカ+海外専用プリカの2枚を持つ人が多くなりました。

万が一カードを落としたり盗まれた時のことを考えると、クレジットカードは限度額(数十万円~)まで使われてしまうでしょうが、プリペイドカードならあらかじめ入金してある金額以上は使われずに済みます。

以下に、海外プリカの特徴をあげてみます。


 ●海外プリペイドカードのメリット

クレジットカードと同じように使えるうえに、旅行先のATMで現地のお金をおろせる。

海外ATMの画像

万が一不正利用された時に、クレジットカードより被害が少ない。

途中でお金がもっと必要になった時に、オンラインバンキングで再チャージできる。


 ●海外プリペイドカードのデメリット

手数料が上乗せされる。(上乗せされずクレカより安いプリカもある)

チャージしたお金が余って引き出す時には清算手数料がかかる。


現在出回っている海外プリペイドカードには、キャッシュパスポート、ネオマネー、マネパカードなどいろいろあり、 手数料の違いやチャージの仕方などでそれぞれ使い勝手が違います。

こちらのサイト(⇒旅行だけじゃなく留学にもおすすめの海外プリカ比較)には、手数料の違いやチャージのしかたの違いなど詳しく書かれていますので、選ぶ際には参考になるかと思います。


↑ PAGE TOP