海外旅行用に便利で得するカード

海外旅行保険がついているクレジットカード


クレジットカードの中には、海外旅行保険が会員サービスとしてついているものがあります。

しかもそのカードの年会費がタダだったなら、本当なら保険料を払って入る保険代がタダとなりお得です。

しかし、海外旅行の保険は、クレジットカードの補償では間に合わないという人がいます。 海外で事故に巻き込まれたり、大きな病気にかかった場合に高額な治療費がかかるからです。

けれど冷静に考えてみて下さい。それがどれくらいの確率か?ということを。

日本人は保険好きと言われています。だから起こるかどうかわからないことにお金をかけることに抵抗が無いのでしょう。

お金が有り余っているのだったら、それは高額の保険をかけておくに越したことはありません。

けれど、普通の風邪や下痢程度なら、クレジットカードの補償でも賄えます。

心配な場合は年会費無料のクレジットカードを2~3枚持っておくと安心です。 大きな事故などの死亡後遺障害以外は、保険金が重複してもらえるからです。



海外旅行保険付クレジットカードベスト3


海外旅行保険(海外旅行時の補償)付のカードは、たいてい年会費が高いゴールドカードなどです。

けれど、年会費が無料でも海外旅行保険付のカードはあります。

ここでは、海外旅行保険付クレジットカードの中から人気のベスト3をご紹介します。



ランキング1位エポスカード

死亡・後遺障害  Max500万円
ケガの治療     200万円
病気の治療     270万円
賠償責任      2000万円
救援者費用     100万円
携行品損害  20万円(免責3,000円)

年会費が完全に無料で自動付帯(海外旅行の支払いをこのカードでしなくても補償される)ということで、 1位にランキングしました。死亡時などの大事故では補償額が低いですが、治療費はそれなりに補償してくれます。

エポスカードは国内でも使えるお店が多いこともおすすめの理由の一つです。



ランキング2位三井住友VISAアミティエカード

死亡・後遺障害  Max2000万円(※)
ケガの治療     100万円
病気の治療     100万円
賠償責任      2500万円
救援者費用     150万円
携行品損害  20万円(免責3,000円)

※海外旅行費用の一部を支払った場合の上限額。支払いをしていない時は最大300万円まで補償。


アミティエは年会費が実質無料です。初年度は無料で、翌年度からは前年に1度でも利用していれば無料になるからです。

三井住友ブランドなので本当は1位にしたい所ですが、男性は作れない女性専用カードなので2位にランキングしました。



ランキング3位楽天カード


死亡・後遺障害  Max2000万円
ケガの治療     200万円
病気の治療     200万円
賠償責任      2000万円
救援者費用     200万円
携行品損害  20万円(免責3,000円)

楽天カードは年会費が完全無料ですが、すべての補償は、日本出国の前に海外旅行費用の一部を支払わないとつきません。

海外旅行保険だけで見るとちょっと不便ですが、ネットショッピングでの利用(楽天市場での買い物)が楽な事を含めて3位にランキングしました。



複数持っているクレジットカードの使い分け


では、上記の3枚のカードを作ったあと、どうやって使い分けるとよいでしょうか?


まず、支払いをしなくても補償がつくエポスカードは家に置いて行きます。

アミティエカードでツアー代金を払い、出発当日は楽天カードで空港までの交通費を払い、2枚とも持って行きます。

それによって、アミティも楽天も利用付帯の条件を満たします。(アミティエは300万円までなら支払いをしなくても自動で補償がつきます)

病気の治療の場合、最大で570万円(270万円+100万円+200万円)までの実費が支払われる。

ケガの治療の場合、最大で500万円(200万円+100万円+200万円)までの実費が支払われる。


なお、事故で死亡したり後遺障害をおった時には保険金額は合算されず、最高保険金額が限度となり、各カードに付帯する保険金額に応じて按分されるため、 理論上はエポスカードから約220万円、アミティエカードから約880万円、楽天カードから約880万円支払われます。(実際の金額はいろいろな条件を考慮し決まります)

計算の根拠↓

↑ PAGE TOP